昭和の雀荘

昭和の麻雀といえば、その破天荒な生き方で名を轟かせた沢山の博打打ち、勝負師がいました。

今の小さくまとまりがちな若者に比べて、碁でも将棋でもその生き方自体がドラマや小説にでもなりそうな伝説的な人々がいたものです。

昔は学生でもなんでも若者は年配の方からしっかり麻雀の打ち方を学び、大体は苦い経験からそのやり方を学んだものですし、打ち方だけではなくて、人生勉強もそこでたっぷりとさせてもらえた筈です。

今では、すべてはインターネット、本やゲームなどで予備知識をつけることができて、他人とのコミュニケーションなしでも麻雀に親しめるようになりましたが、実際は昭和の雀荘のイメージとは様変わりしているのが、平成からの最近の雀荘のようです。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン