トップページ  >  役一覧  > 役満(ヤクマン)

人和とは、子だけの役満で地和に似ている役満です。 地和と同じで役の形は関係ないのですが、地和との違いは1回目のツモを行う前にロン和了りする事で成立します。

地和は、天和と同じく運の要素が非常に高い役満で、子の時だけ適用されます。 地和は天和と同じ様に配牌の時に聴牌状態で1回目のツモで和了する事ができた時に成立する

天和はイカサマをしなければ100%運の要素でできる役満で親だけの役満です。 役の形としては、ぶっちゃけ何でもいいです。 (笑)天和の条件としては、親が配牌の

四槓子は、読んで字のごとく槓子を4つ作る事で完成する役満です。 槓子は暗槓子でも、明槓子でも良いのですが、カンは宣言して場に晒さなければいけないので聴牌に気付

九蓮宝燈は成立が非常に難しい役満の代表格です。 一般的には萬子というイメージがありますが、条件を満たしていれば筒子や索子でも成立する役満です。 役満の形とし

清老頭は一九牌だけで作られた役満で該当する牌が6種類しかないので難易度の高い役満となっています。 必要な牌の性質上、刻子を作らなければいけない上に、数牌なので

緑一色は麻雀をしていれば知らない人がいなと言われる位に有名な役満です。 牌の形としては、索子の②③④⑥⑧と字牌の發のみを利用した形となります。 難易度が高い

字一色は、鳴く事でも成立する役満です。 名前を見て頂ければ解ると思いますが、字牌だけで構成されている役です。 刻子を4つ作って成立させることもできますし、七

大四喜は「東」「南」「西」「北」の字牌を刻子とする事で完成する役で、小四喜と同じで役満になります。 ただし、ルールによっては、難易度が小四喜よりも高度なのに同

小四喜とは、風牌である「東」「南」「西」「北」の字牌の内、3種類を刻子、1種類を雀頭して、完成させた役になります。 非常に難易度の高い役ですが、序盤の鳴きで自

「大三元(だいさんげん)」は三元牌の白、發、中、3種類すべての牌を刻子または槓子にして和了を成立した時にできる役の事を言います。 似ている役に小三元という役が

40種類もある麻雀の役の一つである四暗刻(スーアンコウ)について説明してみましょう。 刻子を作る際に手牌のみで作ることを暗刻子といいます。 この暗刻子を4つ

国士無双(こくしむそう)は麻雀でも代表的な役満です。 役の形としては13種類すべてバラバラの一九字牌のが集まって成立します。 解りやすく言うと、字牌の場合は



Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン