トップページ > 役一覧 > 二盃口

二盃口

麻雀用語の「二盃口(リャンペーコー)」はその名の通り一盃口(イーペーコー)が二つで来ている和了の状態を言います。

では一盃口というものについてですが、同じ種類の同じ数の順子が2組ある場合に成立する役の事を言います。

例えば、223344と牌が2組ずつ続いていることを一盃口といいこのような状態が2つできている状態の役を表しているのです。

223344、778899のように二つ牌が揃うことによって二盃口となるのです。

但し、この役を作るためには副露をすることは認められずに門前の役によって作り出すことになります。

鳴いては、いけない条件があるので役としても作りにくい役となっていて出現する頻度は少ない役となっています。

アガり牌が読まれていると判断した場合に七対子への手変わりが簡単ですので状況によって使い分けて下さい。



Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン