立直

立直(リーチ)は麻雀をする上で最も基本的な役。

手牌が一飜~役満のどの形にもはまっていなくても面子に刻子、順子、槓子(暗槓のみ)や対子が揃い、メンゼンで聴牌しているとき持ち点の1000点を場に支払うことで1役つけることが出来る。

聴牌前にチー・ポン・カン(明槓)をするとリーチの1役を付けることは出来ない。

リーチを掛けるとドラの下の牌にある牌(ウラドラ)もドラとして扱うことが出来、多くの得点を期待できる。

ただし、点数アップを望めない場合はリスクが際立つため、リーチを掛ける場合は注意が必要です。

デメリットとしてリーチを掛けると手牌に手を加えることが出来なくなり、どんな危険牌でも自分の上がり牌でなければ捨てなければならない。



Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン