トップページ > 雀の麻雀講座 > ポン・チーの特性

ポン・チーの特性

まず、ポン、チーそれぞれについて、簡単におさらいをします。

ポンは、他のプレイヤーいずれかの打牌で刻子が完成できる場合に宣言する行為で、チーは、自分の上家(左側)のプレイヤーの打牌で順子完成できる場合に宣言する行為です。

ポン、チーをすることのメリットは何でしょうか?一番のメリットは手の完成が早まることです。

特に役牌は、ポンと同時に役が確定するので、「和了への特急券」と呼ぶ人もいます。

自分の手版が少なくなった時に、聴牌を作るためだけに鳴きまくる事も考えられます。

逆にデメリットははんでしょう?ポン、チーをした牌は場に晒されるので、手を読まれやすくなりますし、立直をかける権利を失い、和了した際に点数が低くなったり、立直、一発、平和、一盃口、二盃口、四暗刻、九蓮宝燈は役として認められなくなります。

断?九も、ルールによっては消滅する場合があるので、事前に確認しましょう。

このように、デメリットがとても多くなっていますが、逆に考えれば、それだけ有利な手であると言うことです。

「一発」が消滅するルールに着目し、他者が立直をした時に一発阻止の為だけに鳴くという手も有効な戦略です。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン