トップページ > 雀の麻雀講座 > カンの特性

カンの特性

麻雀には「カン」というルールがあります。

同じ牌を2枚持っていた場合に、他の人が捨てた牌をもらうことで3枚のグループにすることをポンと言います。

このポンに対してカンというものは同じ牌を3枚持っている状態でもう1枚の牌を加えて4枚一組のグループにすることを言います。

これは、他人の捨てた牌でカンにする場合と、自分でツモってきた牌で行うカンがあります。

カンのメリットとしては、ドラを増やすことができます。

カンをした時点でドラの横の牌をめくることができ、それが新たなドラになるのです。

もちろん裏ドラを設定している場合には、それも増えます。

ただし、このドラに関しては、カンをした人だけの適用ではなく全ての人に適用されるというリスクもありますので覚えておいてください。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン