手なり

麻雀では、「手なり」という言葉があります。

この手なりとは、麻雀を進める上で、特に何も考えずに手牌を揃えるだけの作業を行う状態を言います。

とにかく上がることだけを考えて他には何も考えずに打つことを手なりと言います。

これとは逆に手牌から役を作ろうとして打つ方法を手役作りと言います。

この手なりですが、上級者になると一般的にはこの方法は使用しません。

どちらかと言えば初心者の方がとにかく上がりたい一心でこの手なりの方法で麻雀を打つことが多いようです。

もちろんこの手なりにはメリットがあります。

それは、状況に合わせて早く聴牌することができるということです。

もちろん役を考えていませんので安い手かも知れませんが、逆にドラや裏ドラ、一発などがのることで高得点になることもあります。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン