トップページ > 雀の麻雀講座 > 捨て牌から盗む3

捨て牌から盗む3

相手がどのような手を作っているのかを判断して、その人の不要になる牌を自分の和了り牌にする方法をお教えします。

まずピンフ系・タンヤオ系の役を作っている方は端牌の一九字牌が比較的に出やすいという特徴があるので、和了り牌にしてしまうと以外と捨ててくれます。

(特に単騎待ちでスジ牌を捨てておけばなおGOOD!)次に刻子を使った手を作っている相手には、場に出ている牌を和了り牌にすることで刻子を作っている人は、もちろん他の人も捨てる可能性が高いのでオススメです。

(特にダマテン(闇聴牌)にしておけば、手牌を変えたりする事ができますし周りの警戒心が薄れますよ。

)個人的にスッキリするのが、国士無双を狙っている人に対する待ち方で国士無双を作ると、中牌切りが目立ちますので注意すれば見えてくると思います。

そこで、一種類の牌(役牌がオススメです)を刻子として持っておき、他家が該当の牌を捨てた時にカンをするか、ツモってきたら中盤~終盤にカンしてください。

そうすると、国士無双を狙っていた人は、和了れないクズ手になってしまう結果、手変わりをしなければいけなくなる状況になります。

そこで、一九字牌を和了り牌にすれば、振り込んでくる可能性が高くなりますし、他家も警戒して保有していた一九字牌を捨てる可能性が高くなります。

このように場を自分の思い通りに動かす事が出来ると麻雀で違った楽しみ方ができますよ。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン