トップページ > 雀の麻雀講座 > 捨て牌から盗む2

捨て牌から盗む2

捨て牌は相手の牌の状況を読む為に必要な情報ですので、上手く活用して頂きたいと思います。

例えば、対々和や混一色など刻子を利用する事の多い捨て牌の特徴で、今回は鳴いているという状態を前提にします。

まず、字牌を鳴いている状態で捨て牌を見ていると河に捨てている牌に偏りやバラバラに順子が完成しているなどの特徴が見えてくると思います。

ここで捨て牌の中に1種類の牌が捨てられていない・極端に少ない場合は、混一色を狙っているので、注意するようにしましょう。

終盤になって全体の河に同じ牌が2つ未満しか捨てられていない牌は危険牌になりますので、牌の種類を問わず現物が出るまでは捨てない様にしましょう。

ただし、役牌や風牌を鳴いている状態であれば、手変わりさせて引っ掛けようとする打ち方をする人が居ますので注意しましょう。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン