トップページ > 雀の麻雀講座 > 壁を把握する

壁を把握する

麻雀というのは、牌が4枚一組となっています。

そのために、その4枚の牌の所在が明らかであれば、その牌に関する牌は捨てても安全であるという考え方があります。

例えば、5ピンがあるとします。

1枚は自分で持っている。

2枚は捨て牌にある。

あとの1枚はチーで使われている。

こんな状態があった場合、あなただけは5ピンがすべて出つくしていることを知っています。

4枚すべての所在を確認することができたことを壁(ノーチャンス)と言います。

この場合、他にも様々なことが見えてきます。

特に5ピンを利用した順子はないので、そのスジの牌が多少は安全であるということが分かります。

もちろん、絶対的な安全性は無いのですが、もしどうしても捨てる牌に困ったときには、利用できる考え方と言えるでしょう。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン