トップページ > 雀の麻雀講座 > 出上がりの残り枚数を把握する

出上がりの残り枚数を把握する

麻雀の基礎の話として出上がりの残り枚数を確認するというもがあります。

出上がりとは、ロンで上がること、すなわち他人が捨てた牌によって上がることを言います。

残り枚数とは、自分が聴牌して上がることができる牌が何枚かあるとして、その牌が現在何枚捨てられずに残っているかということで、捨て牌を見ることでおおよその見当はつくでしょう。

また、これを行うことで、聴牌した時にどれくらい上がれるかということを知ることができます。

もちろんこの枚数が多ければ多いほど上がりやすいのは当然のことですよね。

麻雀は、刻々と状況が変化していきますので、その変化する状況に対応していかなくてはなりません。

この出上がりの残り枚数を数える習慣は、そのためにも必要なことだと言えるでしょう




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン