トップページ > 雀の麻雀講座 > 両面で待つのが基本

両面で待つのが基本

麻雀には、アガリを待つ形というものが何種類かあります。

そんなアガリの待ち方に「両面待ち」というものがあります。

これこそ麻雀の基本とも言われている待ち方で是非習得して頂きたいものです。

この両面待ちとは、雀頭が1つ、面子が3つで1両塔子の状態のことを言います。

例えば聴牌の状態で、最後にサンワンとスーワンが残っているとなると、あと欲しい牌がリャンワンかウーワンになります。

このように前か後のどちらが来てもアガリという待ち方を両面待ちと言います。

麻雀では、これが一番効率のよい待ち方だとされています。

そのため、おのずとイーやキューなどの牌は早い段階で捨てられることになるでしょう。

両面待ちを狙うことで早く聴牌することができるようになります。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン