トップページ > 雀の麻雀講座 > カンについての補足

カンについての補足

カンは大きく分けて二種類存在しています。

違いの判断材料としては、相手から1枚牌を貰った4枚1組のカンなのか自分自身が自力で集めた4枚1組のカンなのかで見る事が出来ます。

前者の場合は明カンと呼ばれていて、ポンの状態なのか否かでそこからまた更に大明カンと小明カンの二つに分ける事が出来ます。

そして後者の場合は暗カンと言います。

こちらは4枚1組の牌を全て自力で集めたものであり、他のプレイヤーから牌を貰っている訳ではありません。

明カンでは誰かから牌を貰うという関係上リーチは結果的に出来なくなってしまうのですが、暗カンの場合はリーチも可能です。

このように、牌を貰って集めるのか自力で集めるのかで今後の進め方にも違いが出てくるのです。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン