トップページ > 雀の麻雀講座 > 一向聴(イーシャンテン)

一向聴(イーシャンテン)

一向聴とは、聴牌まであと一牌である状態、聴牌の直前のことを指します。 ちなみに、二牌前は二向聴、三牌前は三向聴と呼び、配牌直後は三?五向聴程度になっています。 もちろん、この状態では上がることはおろか、立直すら出来ないのですが、わざわざ名前が付いているのは意味があります。 それは、定石とも言うべき「特徴的な一向聴」と呼ばれる牌姿がある為です。 何も考えずに一向聴、聴牌まで持っていくことはそれほど難しくないと思います。 ですが、そこから和了するとなると、一向に望んだ牌が現れず、そのまま流れてしまった経験はありませんか?より上がりやすい形で聴牌を作るためには、一向聴の時点で良い形を作っておく必要があります。 その為にも、模範的な牌姿である「特徴的な一向聴」をよく理解し、そこに向けて役を組み立てられるように意識しましょう。



Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン