回し打ち

捨てようと思った牌が、ドラに該当する牌であったり、他者の和了牌である臭がする等、危険を感じる事はありませんか?そのような時に使われるのが回し打ちです。

具体的にどう打つか、というのは、その時々の状況によって異なるのですが、自分の聴牌を崩してでも手を変え、相手の危険牌を打牌しないように打っていく作戦です。

ここで重要になってくるのは、相手の危険牌を読むことです。

例えば、相手がどの様な牌をポンやチーで取得したか。

逆に、一度も鳴いていないのであれば、どの様な打牌をしてきているか。

現在のドラ該当牌が何になっているか。

相手にしているのは一人ではないので、視野を広げることも必要です。

回し打ちが出来るようになることは、運任せの麻雀から、手を読み、組み立てによって場を作る、実力による麻雀へステップアップする第一歩です。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン