トップページ  >  雀の麻雀講座  > 麻雀の一般的な知識

捨てようと思った牌が、ドラに該当する牌であったり、他者の和了牌である臭がする等、危険を感じる事はありませんか?そのような時に使われるのが回し打ちです。 具体的

他者から立直が掛かったが、自分はまだ聴牌もできていない。 自摸ってきた牌も、どうも危険牌の臭いがする。 無理に聴牌に持って行っても、手が悪くて高得点は望めな

麻雀を遊ぶ際に気を付けたいのが、ローカルルールです。 わかりやすい所では喰いタン、完全先付けのアリナシや平和と門前清自摸和が複合するかどうかに加えて、裏ドラ、

昭和に入ってから、麻雀は大きく広まると共に、環境が大きく変わります。 一つ目は、ルールの変更。 アメリカ式麻雀のルールが取り入れられた他、途中立直(現在の立

日本に麻雀が伝わったのは、アメリカに伝わってから若干後のニューヨークでヒットになっていたのとほぼ同時期の20世紀突入直後です。 千円札でお馴染み夏目漱石氏が、

麻雀は、中国発祥のボードゲームであることは有名ですが、一体いつごろできたのでしょうか?実は意外と新しく、19世紀後半に、馬吊と骨牌という2つのカードゲームを組み

まず、ポン、チーそれぞれについて、簡単におさらいをします。 ポンは、他のプレイヤーいずれかの打牌で刻子が完成できる場合に宣言する行為で、チーは、自分の上家(左

麻雀には「カン」というルールがあります。 同じ牌を2枚持っていた場合に、他の人が捨てた牌をもらうことで3枚のグループにすることをポンと言います。 このポンに

麻雀の上がり方の一つ「ロン」による上がり方があります。 これは他人が捨てた牌によって上がる方法です。 ごく一般的な上がり方とも言えます。 逆に自分が引いて

麻雀の上がり方にはツモとロンがあります。 ツモの上がり方は自分で引いてきた牌で上がることです。 逆に人の牌で上がることをロン上がりと言います。 このツモに

麻雀では、「手なり」という言葉があります。 この手なりとは、麻雀を進める上で、特に何も考えずに手牌を揃えるだけの作業を行う状態を言います。 とにかく上がるこ

「麻雀で勝つ」というのは、どういう事でしょうか?大きな役を組み立てることでしょうか?それともたくさん点数を稼ぐことでしょうか?いいえ、違います。 「他の人より

麻雀においてツキは必ず勝負に関係してきます。 ツキが悪ければ何をやっても勝つことが出来ずに、ツキが良ければ負ける事も無くなるでしょう。 ツキとは運と言い換え

麻雀において降りるとき、攻めるときはどういった場合なのか考えてみたいと思います。 攻めるときは比較的すぐ分かると思いますが、初めの勝負と点数差が大きく負けてい

麻雀をやっている方はベタオリと言う言葉を聞いた事があるのでは無いでしょうか。 ベタオリとはリーチ者や聴牌者に対して自分の手配を崩してでも安全牌を切る事を言いま

皆様は麻雀精神論と言うのを聞いた事がありますか?麻雀は技術なのか精神なのかと言う事なのですが、最終的に決めるのは自分自身なので、勝つ為に精神を鍛える事も必要だと

麻雀での対戦は順位戦と収支戦に分かれています。 順位戦が順位だけを争うのに対し収支戦は点数で争うのです。 収支戦の場合、1位でも1000点差の場合は、ほとん

麻雀では何を勝ちとするかによって闘い方が変わります。 例えば順位戦において点数が最終的に1点でも勝っていれば勝ちなのに対し、収支戦では1点では負けも一緒です。

麻雀においてカンをする戦略は初心者にはオススメ出来ません。 と言うのもカンとはドラを1つ増やす行為であると同時に山から取る順番をずらしてしまう事になるからです

麻雀には鳴きと呼ばれる行為があります。 麻雀において必要な行為になりますので是非を鳴きを覚えてみてはいかがでしょうか。 鳴きの一番の性質と言っていいのは立直

麻雀で最もと言って良い位に有名な役に立直があります。 リーチの特徴は鳴いて無い状態で聴牌した時にリーチと宣言して上がり牌を待つのですが、役が付く事に加えて裏ド

カンドラのタイミングに関しては麻雀を始める前に決めておきましょう。 カンタイミングにはカンドラをめくった時点で対象になるケースと嶺上牌を切って通ってから対象に

カンは大きく分けて二種類存在しています。 違いの判断材料としては、相手から1枚牌を貰った4枚1組のカンなのか自分自身が自力で集めた4枚1組のカンなのかで見る

マージャン用語としてのヤキトリはもちろん串焼きにされた食べ物の事を直接指している訳ではありませんよ。 マージャンでは、アガりの時の形を鳥に見立てている事から

途中流局は流局の一種で、局の途中に特別な条件が揃う事で成立する流局です。 途中流局のケースとしては以下に挙げるものが一般的です。 九種九牌(キュウシュキ

フリテンには三種類あります。 その内の一つである、自分が捨てた牌やスジ牌に対してロンでアガる事が出来ないという事は良く知られていますが、残り二つに関しては若

振聴と書いてフリテンと読みます。 フリテンとは、あと1牌でアガリになる状態(テンパイ)にあるにも関わらず何らかの理由であがり(ロン)が出来ない事をいいます。

麻雀用語として良く耳にする言葉に「待ち」というものがありますがこれは意外とそのままの意味で、何かしらを待っている状態の事を指します。 あと1枚であがれる状態

マージャンの動作にはたくさんの種類が存在しその一つ一つにきちんと名称が付けられています。 マージャン用語として良く耳にすると思われる自摸(ツモ)や栄和(ロン

マージャンを行う上で必須になってくる数字の読み方は、中国語のようですが微妙に違っています。 1(イー)・2(リャン)・3(サン)・4(スー)・5(ウー)・6

麻雀牌は34種類存在し、各種類4枚ずつで総枚数は136枚となります。 トランプは53種53枚、将棋は8種40枚。 他のボードゲームと比べてもその種類の多さ



Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン