麻雀は、半荘を1つの単位としており、半荘では、大きく東場と南場の2つに分けられています。 東場においては、東を3,4枚集めることにより特別な役が成立することと

麻雀では始める前に親を決定します。 最初にサイコロを振ったりジャンケン・牌などを利用して行われます。 決定された親は東家(トンチャ)と言い、この親から4人の

半荘では、東場と南場の大きく2つに分けられております。 それぞれの場では、4局に分けられており、通常局が終了しますと親が交代します。 麻雀において、最初に親

麻雀においては、半荘を1試合として行われるのが通常で半荘では、大きく東場と南場に区分されています。 更に場は4つに区分されており、例えば東場は、東1局、東2局

麻雀は、多く利用されているのが半荘(ハンチャン)で 1回の試合の単位としても利用されているので耳にした事があるかもしれませんね。 通常の半荘は、大きく2つに

筒子(ピンズ)とは、麻雀における麻雀牌の1種類です。 筒子には、一筒から九筒まで9つの種類が存在します。 筒子のこれらの読み方は、 一筒(イーピン)、二

トリプルロンは、トリロンや三家和と呼ばれることがあります。 これは、放銃者に捨てられた牌により、3人のプレイヤーがロンでアガることをいいます。 かなり稀なケ

「トリプル」 麻雀の得点計算はとても複雑ですが、基本的には揃った役やあがり方に対して一定の決められた得点が与えられ、 それぞれの得点を掛け合わせることで出て

「ドラ」 麻雀用語の中でも比較的よく聞かれる言葉、『ドラ』。 このドラは、役を作り、あがった時にドラに指定された牌を持っていれば、 ドラ1枚につき1翻が得

「取らず」 麻雀は【あがる】という行為が何よりの目的です。 そして、どのような形で、どのような役であがるのかが点数に響いてくるので、 プレイヤーは常にそれ

「ド安目(どやすめ)」 麻雀用語には【暗】と【明】が付く言葉のように、対になる用語が数多くあります。 『ド安目』という言葉もそのひとつ。 対になる用語はも

「飛ぶ、トビ ドボン」 最初に持ち点を与えられ、それが増えたり減ったりするのが麻雀です。 持ち点がゼロ、もしくはマイナスになった時点でゲームそのものが終了し

「トップ賞」 麻雀で言うところの『トップ賞』という言葉には大きく2つの意味があるとされています。 ひとつは単純にゲームの勝者に与えられるボーナスのようなもの

「トッパン」 麻雀を初めてやる人はもちろんのこと、 少々かじった程度の人でも頭が混乱してしまうのがその独特の計算方法、得点の算出方法ですよね。 役を覚える

「とっぱらい」 一般の人が『とっぱらい』と聞くと、 働いた直後に現金で賃金を渡すことを思い浮かべる人もいるかもしれませんが、 この『とっぱらい』は麻雀でも

「ド高目(どたかめ)」 麻雀はあがり役にとても多くの種類があります。 それを覚えるのは一苦労ですが、あがり役の出来上がり方によって点数が変わってくるので、

「通らば、通らばリーチ」 麻雀の漫画やアニメ、そして映画などでは度々聞くことのできる『通らばリーチ』というかけ声。 単に『通らば』と言う場合も同様の意味にな

「通し(とおし)」 麻雀で使われることがある『通し』という表現。 これには幾つかの使い方が存在するようです。 一般的に使われる意味としては、切った牌に対し

「東北新幹線」 『東北新幹線』はまさしく日本で作られたローカルルール。 日本独自のローカルルールは数多ありますが、この『東北新幹線』というネーミングは非常に

「東天紅(とうてんこう)」 麻雀は地域によって親しまれているルールや遊び方にも違いがあります。 国によって違うのは当然なのですが、同じ日本の中でも違いがある

「独釣寒江雪」 ポンやチー、そしてカンなどのフーロを4度行い既に手の内が1枚の牌だけになってしまっている状態は【裸単騎】。 この状態で待っていることを単騎待

「同巡内フリテン(どうじゅんないフリテン)」 テンパイしている手牌の状況で、自分のあがり役ができあがる為に必要な牌が、 自分が捨ててしまった牌の中にある場合

「導火線ルール」 テレビで放送されている番組の冠に【われめ】という言葉が付いたものを見ます。 深夜に放送されている、芸能人同士が麻雀を楽しむというテレビ番組

「対面(トイメン)・対家(トイチャ)」 麻雀を始める前に、まずプレイヤーが座る席を決めなければなりません。 この席決めには幾つか決め方が存在しているので、そ

「対子(トイツ)」 麻雀の役には同じ種類の牌を揃えたり牌を数字の順番に並べたりと、様々なものがあります。 また、そのさまざまな役を組み合わせることで得点を重

「点棒状況(てんぼうじょうきょう)」麻雀は点数を競うゲーム。 その点数を最終的にどれだけ持っているのかが重要なんです。 そこで大事になってくるのが『点棒状況

「テンピン」麻雀は時と場合によって、というより、プレイする人によってお金を賭ける場合があると思います。 いわゆる賭け麻雀と呼ばれるもの。 この賭け麻雀を行う

麻雀というゲームは面子を揃えて和了を目指すゲームです。 その和了の一歩手前、面子が揃っていて、後一枚が出れば和了となる状態の事を聴牌といいます。 基本的には

麻雀の点数をはっきりさせるのに使われるのを点棒と呼び、点棒とは点数を示している、細長い棒の事を言います。 点棒には4種類あり、100点棒、1000点棒、500

麻雀をする時には、まずはレートを決めますよね。 そのレートとは1000点で、いくらになるかという決め事で、そのレートの中でも、1000点50円の事をテンゴとい

麻雀は運が大きく関わるので、いろいろ考えても無駄という時もあり、偶然にもツモを進めていくと、手が出来て行く事もありますね。 特に何も考えず、ツモる牌に対応して

雀荘は、最近では全自動雀卓を使うのが主流になってきましたね。 その反対に昔ながらに、手で牌を積んでいくことは、手積みと呼ばれています。 手積みをするのは結構

麻雀は始めると、時間が経つのが早くなかなか止められません。 そういうときには徹夜で麻雀にふけることがよくあり、その徹夜で麻雀でする事を、徹マンといい、徹夜マー

雀荘などでは、マナーの悪い人もたびたび見かけます。 マナーと言っても麻雀の中だけの話ではなくて、その時の振舞い全てを言います。 そういう人がいると、周りの人

麻雀は聴牌後にはあまり、手牌から打牌することはありませんが、場合によっては打牌をする事があります。 例えば、聴牌していても自分の待ちを変える事もあり、ツモった

麻雀の手の進め方は、鳴いて作っていくか、ツモを主体に門前で作っていくかの2種類です。 そのときに門前で鳴かずに聴牌して、自分のツモでアガった時には自摸和という

麻雀は普通、4人で打つ遊戯ですが、実はその気になれば3人でも打てます。 3人で打つ時は、基本的なルールは同じですが、いくつかのルールは異なってきて、1人少ない

麻雀の点数計算は結構難しくて、よく分からないままに遊んでいる人もいると思います。 点数計算は、役の翻数と、符計算によって導かれます。 役の翻数は分かりやすい

麻雀は全てのプレイヤーが順番に牌を引いてきますが、この事を自摸と呼びます。 この麻雀用語は、きっと誰もが知っていると思います。 上家の打牌の後に、自摸をして

麻雀では連荘や流局などが起こると、積み棒を増やしていきますよね。 このときにアガルと、積み棒の数×300点、点数に加算されますが、この事を積み符といいます。

積み込みはイカサマ行為の1つで昔から、蔓延しています。 ではどういう行為を積み込みかと言うと自分の有効牌を手前の牌山に積んでおく事を言います。 どうやってそ

麻雀には、イカサマという反則的な行為があります。 イカサマをするのはルールに反することなので止めておきましょう。 そのイカサマの種類の1つに、燕返しというと

麻雀をやっているとどうしても運が乗ってこない時がよくありますよね。 そういうツイていない状態の事を麻雀用語でツカンといいます。 運が付かないから、ツカンと呼

麻雀を始める前には誰がどこの席に着くかを決めなくてはいけません。 その最初の時にする事が、掴み取りと呼ばれる事です。 掴み取りとは席順を決める方法の手順の1

絶一門という麻雀で使われる、変わった戦術があります。 この絶一門は、自分の手配から、マンズ・ソーズ・ピンズの中から、一種類を捨てるなどして、無くす戦術の事を言

麻雀の牌には、数牌と字牌の2種類が存在しています。 このうち数牌は数字が入っている牌の事ですが、字牌はどうなんでしょうか。 その字牌には、数字の入っていない

麻雀の役の中には、ローカルなルールでのみ有効なものがあります。 そのうちの一つには、清盃口という役があります。 ではこの清盃口がどういう役なのかというと、パ

遅ロンとは麻雀においてのマナー違反の1つで、 遅ロンはその場所のルールにおいてはあがりを認められないこともよくある重いルール違反なのです。 遅ロンは麻雀のあ

チョンボとは、麻雀におけるルール違反のことを言います。 チョンボ行為をした時には通常罰則が与えられますが、 チョンボとされる行為にはいろいろなものがあって、

跳牌刻とは3種類ある数牌の同じ種類で、1.3.5や2.4.6や3.5.7や4.6.8や5.7.9などの 必ず1つ飛ばしの数字を組み合わせて3刻子を作ることで成

頂三刻とは麻雀の役の1つで、数牌の中の1と5と9の刻子を作ることで成立する役なのです。 すなわち頂三刻とは、萬子の場合は1萬が3枚、5萬が3枚、9萬が3枚手の

長考とは長く考えることを言いますが、麻雀においての長考とは、 一般的に自分が山から牌をツモった後に何を捨てるか長い時間をかけて悩むことを言います。 麻雀にお

中国麻雀とは日本で行われている麻雀とは異なるもので、中国で遊ばれている麻雀のことです。 中国では麻雀ではなく麻将と呼ばれていて、日本では中国麻将やちゅんまとも

千鳥とは積み込み技のことを言って、麻雀のイカサマの一種になります。 千鳥とは麻雀ではツモる順番が決まっているので、それを利用して自分のツモる場所に必要な牌を仕

麻雀におけるチップとはご祝儀のことになりますが、 チップとは麻雀の一発や裏ドラや赤ドラなどに対して与えられるもので、 チップはあくまでも麻雀では強制的に使わ

チー聴とは、チーをしてすぐにテンパイになることを言います。 麻雀ではチーと言って自分の左側のプレイヤーである上家の人が捨てた牌をもらうことが出来ます。 チー

起家マークとは、ゲームのはじまりの最初の親が誰かを表すための目印です。 起家マークには東と南が裏表に書いてあって、表が東で裏が南ということになります。 マー

起家とは東1局の親のことで、タチ親と同じ意味です。 麻雀には3人麻雀などの変則ルールもいろいろありますが、麻雀は原則としては4人で行うゲームです。 1回ずつ

七星無靠とは数ある麻雀の役の1つなのですが、七星無靠という役を聞いたことがない人は、多い居られると思います。 七星無靠とは麻雀の役の中でも他とは大きく異なる形

吃(チー)とは、手牌の中に搭子がある場合に、 自分の左側のプレイヤーである上家の打パイをもらって順子を完成させることを言います。 チーをする時には、必ず相手

単騎待ちとは、テンパイの状態において他の4つの面子はすでに完成していて、雀頭になる対子が1つだけ完成していない状態のことを言います。 それと七対子の待ちの状態

多面張とは、テンパイした時にあがれる牌が3種類以上存在している場合に使われる言葉です。 麻雀のテンパイ時には待ちが何種類かあることになりますが、よく見られる待

黙聴とは門前でテンパイしている状態で、リーチをかけないで黙っていることを言います。 黙聴はこのようにその字の通りに誰にも言わずに黙っているという意味で、その他

両家和・二家和とは、1人が捨てた打牌に対して同時に2人の人がロンを宣言した場合のことを言います。 両家和・二家和は、このように同じあがり牌を2人が同時に待って

麻雀において最も高い役は役満になります。 役満の得点は符数や飜数を超越した扱いになっていて、そのために細かい計算は必要ないのです。 役満が成立した場合に他の

ダブルドラとは、ドラ表示牌でドラになった牌と、 カンをしてドラが増えた場合のドラが同じドラになった場合には、 ドラを1枚持っていればドラ2として扱われること

打牌とは麻雀をする時に行う行為の1つで、自分で所有する牌の1枚を場に捨てることを打牌と言います。 打牌が行われるのは、各局の最初に親が場に牌を捨てるのにはじま

タテチンとタテホンとは、それぞれ門前で作られた清一色のことと、門前で作られた混一色のことを言います。 それぞれのタテというのが門前を表す言葉になるのです。

タチ親とは東1局の東家のことを言います。 すなわちタチ親とは一番最初にそのゲームをはじめる人のことを言います。 タチ親の決め方は、それぞれのルールでいろいろ

竹牌とは、麻雀牌の背の部分が竹で出来ている牌のことを言います。 竹牌は昭和の後期までは麻雀牌の主流として活躍していましたが、現在は背の竹の部分を作る職人が高齢

卓割れとは、麻雀の対局を全て終えてその勝負をやめて解散することを言います。 このように卓割れとはその日の麻雀を終えることを言いますが、 人によっては卓割れを

麻雀用語で高めと言えば、テンパイした時に待ちが複数ある場合に、 一方の待ちの方では役がつかないのに、別の待ちの方では役が高くなる場合にそれぞれの待ちやあがり牌

麻雀の役で一番高い役が役満になりますが、大七星も役満の中の1つになります。 大七星とは知らない人も多いほどのローカル役で、ほとんどの人が聞いたこともない麻雀の

麻雀にはいろいろな役がありますが、麻雀の役には一般的に使われているメジャーな役と、あまり知られていないローカル役に分かれます。 大数隣とはローカル役の中の1つ

大車輪とは麻雀の役の1つでローカル役の1つになります。 大車輪とは筒子の2筒から8筒までの対子を集めた役で、ローカル役で採用している場所では役満として扱われる

代打ちとは雇い主がいて、その人の代わりに麻雀をプレイする人のことを言います。 この場合の代打ちとはあまり一般的とは言えませんが、麻雀を職業と名乗っている裏の世

麻雀を行う時にはいろいろなローカルルールがあり、それぞれのルールの上でゲームが進行されますが、 それでも麻雀の基本的なルールには、各プレイヤーが13枚の手牌を

麻雀では数牌で1.2.3や4.5.6などの1組のことを順子と呼びますが、塔子とはその中の1枚がない状態の2組の牌のことを言います。 塔子にはそれぞれ欠けている



Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン