割れ目とは、麻雀のゲームで使われる点数をさらに引き上げるようにするルールのことを言います。 割れ目を利用するのは一般的ではなく、割れ目ルールを使うのはとてもリ

ロンホーとは、自分のアガリ牌を他のプレイヤーが場に捨てた時にアガリを宣言することを言います。 ロンホーは通常ロンと宣言するので、一般的にはロンアガリと呼ばれる

六間積みとは、麻雀の中で行なわれるイカサマ技の1つのことを言います。 六間積みとはイカサマ技の中でも積み込みの一種で、積み込みとは山の中に自分、もしくは組んで

ローズとは麻雀にはよくあるイカサマの一種で、通し技のことを言います。 ローズとはこのように、麻雀のゲームを行っている他のプレイヤー同士で、いろいろなサインや隠

ローカルルールとは、その名前の通りにローカルでしか通用しないルールのことで、一般的な統一ルールとは異なるルールのことを言います。 しかしそもそも麻雀には完全に

麻雀牌の中には数牌と字牌がありますが、老頭牌はその中でも数牌の中の1と9の数字のものになります。 このように老頭牌とは、満子の場合には1満と9満のことを言って

人和とは、数多くある麻雀のローカル役の1つとして知られています。 人和とは、子の場合に発生する役で、子の配牌において既にテンパイ状態の時に、第一ツモよりも他の

連風牌とは役牌の一種のことで、荘風牌と門風牌が一緒である時に、その対象の牌の刻子か槓子がある場合には、通常では1役であるものが重なって2役になることを言います。

連荘とは、麻雀のゲームにおいて1人のプレイヤーが親を連続して行うことを言います。 つまり連荘とは親番をアガリ続けるか、もしくはテンパイも含めて他の人に譲らない

連対率とは、競馬で使われる連対と同じで、麻雀における順位で、1位であるトップか2位を獲得する割合のことを言います。 連対率の計算方法は、(トップ回数 + 2着

連刻役というのは麻雀の役の中の、三連刻と四連刻の総称のことを言うのです。 連刻役の三連刻とは、同じ種類の数牌の3つの連続した刻子を作ることで成立する役のことを

連開花とは、カンを2回以上行った時に、嶺上牌から引いた牌でツモアガリをした場合の役のことを言います。 連開花は、その名前の他にも連槓開花や槓々和とも言われる場

嶺上牌とは麻雀でカンをした時に、その補充の牌のことを言います。 麻雀でカンをするということは、通常の面子が3枚のところが4枚になるということです。 そうする

緑發とは麻雀牌の中の發のことを言います。 麻雀には大きく分ければ3種類の数牌と字牌に分けられますが、發はその中では字牌の一種です。 字牌には風牌と言って、東

流局とは麻雀のゲームをする時に、そのゲームを誰もあがれないで終了してしまうことをいいます。 麻雀では流局することを流れると表現して呼ばれることが多いのです。

緑一色輪はアガれば役満として扱われる麻雀の役ですが、緑一色輪は非常に特殊なローカル役のために、長年麻雀を打っている人でも知らないという人が多い役なのです。 緑

両面待ち(リャンメンまち)・両面聴(リャンメンテン) 両面待ちとは、麻雀においての待ちの1つです。 麻雀でテンパイした場合の待ちには両面待ちとカンチャン待ち

二翻縛り・両翻縛り(リャンファンしばり、リャンハンしばり、リャンしば、リャンシ) 二翻縛りとは、2翻以上の役がないとアガルことが出来ないルールで、両翻縛りとも

二同刻とは2種類の数牌で同じ刻子を作った時に成立される役で、両同刻とも言われる役になります。 二同刻は現在ではほとんど採用されていないローカル役で、覚えておく

二索槍槓は麻雀の中では数多く存在しているローカル役の1つで、現在のルールではほぼ採用されているところがないので、あくまでも参考に覚えておく程度に考えておいていい

両嵌とは、数牌でカンチャンが2つ以上連続しているもののことを言います。 両嵌を表すと1.3.5、2.4.6、3.5.7、4.6.8、5.7.9の形になり、両嵌

理牌とは麻雀の牌を持ってきた時に、自分で手牌を見やすいように整理することを言います。 麻雀を長く打っている上級者であれば理牌を全くしなくても一目瞭然で手牌を読

立直麻雀とは、現在私達が行っている一般的な麻雀のことで、リーチをいう役が出来た時から、リーチを採用した麻雀のことを立直麻雀と区別して呼ぶようになりました。 す

立直棒とは、リーチをする時にその場に供託する千点棒のことを言います。 麻雀のゲームではリーチをかける時には必ず千点棒を雀卓の上に出さなければいけないのです。

リーチ取りとは、以前の局から溜まっている供託リーチ棒を獲得出来るのを、リーチをかけてあがらなければいけないとするルールのことなのです。 リーチ取りのルールが使

ラス確とは、麻雀の最終局において4位の状態でいるプレイヤーが自分自らあがって4位を確定させてしまうことを言います。 ラス確は他の言葉ではアガラスとも言われます

ラス落ちとは麻雀の順位が4着に落ちることを言います。 麻雀では4着になることは出来るだけ避けたいもので、ラスになるということは平均順位も下げてしまうことになる

麻雀でラスと言う言葉は英語のラストという言葉からきているもので、いろいろな意味で最後ということで使用されます。 例えばラスといった時には。 最後のゲームのこ



Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン