トップページ > 麻雀用語集 > 拝み打ち(おがみうち)

拝み打ち(おがみうち)

麻雀で最後の一局を示す言葉として、オーラスという言葉が使われます。

半荘戦の場合は南四局、東風戦の場合は東四局のことを言います。

語源はALL LAST(オールラスト)、つまりすべての終わりという意味からきているようです。

オーラスの前の局は半荘戦の場合(南三局、東風戦の場合は東三局)は、ラス前と呼ばれています。

基本的には、オーラス終了後は、対局終了となり、「ラスト」と呼ばれますが、流局や連荘によるルールに従って、オーラス(最後の一局)とならないこともあり、その場合は、オーラス一本場、二本場と言うようです。

オーラス時の考え方としては、最終得点が高くなるようにしないといけませんので、現在の点数状況と、トップになるために必要な飜役数を把握するようにしましょう。



Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン