裏目

裏目とは、面子選択などで失敗することを言います。

裏目という言葉を動詞化して、「裏目る・裏目った」などと言われることがあり同じ意味を指します。

例えば、切るときに同じ期待値の牌があり二択になった場合、次順にツモった牌が残した牌にとって有効ではなく、切った牌が有効だった場合に、「裏目った」などと言います。

選択を間違い、切った方の牌が有効になることはよくあります。

裏目は麻雀にはつきものなので、捨て牌でアガることができたのにという場面に出くわすことはあるでしょう。

上級者でも裏目になりますが、裏目が来ないように選択するようになるようです。

裏目になるかもと迷いすぎないよう、その選択が最善策なのかを考えると良いようです。



Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン