トップページ > 麻雀用語集 > 一向聴(イーシャンテン)

一向聴(イーシャンテン)

聴牌に達するまでには、必ず通らなくてはいけない状態があります。

それが一向聴という状態で、後一枚要牌を引ければ聴牌になるという事を言います。

例えばもう2枚要牌が必要な場合は二向聴といい、3枚の時は三向聴といい、以後数が増えていきます。

この向聴数というのは多くの場合1ずつしか減らせず、一気に2や3減らすということはほぼできませんし、逆に何らかの理由で、面子等を崩すとなると、向聴数が増えていきます。

より高い役を目指す時やフリコミ回避などで向聴数が増えるというのはよくあります。

より手を早く完成させるために、切れている牌の数や場の雰囲気を掴めるように集中して麻雀を打つように心掛けましょう。

配牌時では三、四、五向聴位の事が多く、いきなり聴牌するという事はチャンスですので積極的に攻めて下さい。



Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン