トップページ > 麻雀用語集 > 割れ目・ワレメ

割れ目・ワレメ

割れ目とは、麻雀のゲームで使われる点数をさらに引き上げるようにするルールのことを言います。

割れ目を利用するのは一般的ではなく、割れ目ルールを使うのはとてもリスキーなことでもあるのです。

割れ目というルールはその局の開始の時に、配牌を取りはじめた山の位置のプレイヤーに対して行われるもので、その対象の人はその局であがったり振り込んだりした点数が倍になるというルールなのです。

例えば割れ目が適用される場所の人が満貫の8000点であがった場合には、その倍の点数が他の人から支払われるようになります。

1人で振り込んだ人は16000点を支払って、ツモした場合には親が8000点、子がそれぞれ4000点ずつ支払うことになります。

この反対で他の人があがった場合には、その対象者の支払いがあった場合には支払いが倍になるのです。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン