トップページ > 麻雀用語集 > 連風牌(レンフォンパイ・れんぷうはい)

連風牌(レンフォンパイ・れんぷうはい)

連風牌とは役牌の一種のことで、荘風牌と門風牌が一緒である時に、その対象の牌の刻子か槓子がある場合には、通常では1役であるものが重なって2役になることを言います。

このように連風牌とは荘風牌と門風牌が同じ場合だけに発生する役になり、東場の時に東家が東を3枚、もしくは4枚集めるとダブトンと言って、それと同様に南場の南家が南を3枚、もしくは4枚集めた場合にはダブナンと言って、それぞれ2役つくことになります。

連風牌は、二役縛りの時でも確定させれば、それだけであがれることになる嬉しいものなのです。

もし西場に入った時には同じく西場の西家の人が西を3枚、もしくは4枚集めればダブシャと言って、同じく北場の北家が北を3枚、もしくは4枚集めればダブキタと言って、同じく2役つくことになるのです。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン