トップページ > 麻雀用語集 > 連荘(レンチャン)

連荘(レンチャン)

連荘とは、麻雀のゲームにおいて1人のプレイヤーが親を連続して行うことを言います。

つまり連荘とは親番をアガリ続けるか、もしくはテンパイも含めて他の人に譲らないで続ける状態のことを言います。

連荘は一般的には連チャンと呼ばれることが多く、連チャンという言葉は麻雀以外の場面でも良く使用される言葉なのです。

例えば連チャンはパチンコやパチスロで当たりが続いたり、もしくは仕事が連日続く場合にも使われたりして、とにかく物事が続く場合には連チャンすると使われることが多いのです。

麻雀についての連チャンは、親でアガリ続けるために相当なメリットになり、それは親の点数が子の点数の1.5倍にもなるからで、親で連荘することで相当な点数が溜まることになるのです。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン