トップページ > 麻雀用語集 > 両面待ち(リャンメンまち)・両面聴(リャンメンテン)

両面待ち(リャンメンまち)・両面聴(リャンメンテン)

両面待ち(リャンメンまち)・両面聴(リャンメンテン)

両面待ちとは、麻雀においての待ちの1つです。

麻雀でテンパイした場合の待ちには両面待ちとカンチャン待ちとペンチャン待ちとシャンボン待ちと単騎待ちがありますが、両面待ちはテンパイ時において3つの面子と雀頭が完成していて、最後の両面の塔子が残った状態のことをいうのです。

両面待ちは待ちの中では一番良い待ちの形で、待ち牌は最大で2種類8枚もあることになります。

雀頭を最後に待つ単騎待ちの待ち牌は最大で1種類で3枚なので、両面待ちがいかに有利かが分かると思います。

両面待ちは簡単に作ることの形で、両面待ちを和了したとしても符点はつきません。

平和の役をあがる時には必ず両面待ちにするのが条件で、最終的な形が平和でも、両面待ちでないと平和にはならないのです。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン