トップページ > 麻雀用語集 > 二索槍槓(りゃんぞーちゃんかん)

二索槍槓(りゃんぞーちゃんかん)

二索槍槓は麻雀の中では数多く存在しているローカル役の1つで、現在のルールではほぼ採用されているところがないので、あくまでも参考に覚えておく程度に考えておいていい役なのです。 二索槍槓とは誰かが二索を前もってポンしていた状態の後に、それに対して加槓した時に、二索がアガリ牌になっていた人が槍槓であがった場合に満貫役として扱ったものを言います。 槍槓とは麻雀の中の役の1つで、他家が加槓を宣言した時にその牌が自分のアガリ牌であればあがれるというルールで、その場合はロン和了として扱われて、ここでは加槓した人が放銃者となって、通常は1役ということになります。 しかし二索槍槓のルールにおいては二索の場合だけは満貫扱いになり、放銃者はその分の点数を支払うことになるのです。



Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン