トップページ > 麻雀用語集 > 両嵌(りゃんかん)

両嵌(りゃんかん)

両嵌とは、数牌でカンチャンが2つ以上連続しているもののことを言います。

両嵌を表すと1.3.5、2.4.6、3.5.7、4.6.8、5.7.9の形になり、両嵌とはまだ未完成の面子のことになります。

両嵌はその形を見るとあまり嬉しくない形で、出来れば連続している2.3や5.6などの両面待ちの形の方が良い形なのですが、同じカンチャンでも両嵌の場合は意外に使いようがあるものなのです。

それはカンチャンが手の中にある場合、通常では面子を完成させる為には、1つの種類の牌を待たなければいけませんが、両嵌の場合には2種類の内のどちらかがくればその面子は完成することになるのです。

もちろん両面待ちであれば、たった2牌で2種8牌の受け入れが出来るのでそちらの方が有利には変わりないのですが、3枚の牌で同様の2種8牌の受け入れが出来ることはそんなに悪い形ではないのです。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン