トップページ > 麻雀用語集 > 立直棒(リーチぼう)

立直棒(リーチぼう)

立直棒とは、リーチをする時にその場に供託する千点棒のことを言います。

麻雀のゲームではリーチをかける時には必ず千点棒を雀卓の上に出さなければいけないのです。

その千点棒はその場であがった人のところにいってしまうもので、もちろん自分であがれば自分に戻ってきますが、他の人があがればその人のものになってしまうのです。

そのために、リーチ棒がもったいないのであればリーチをかけない方法もあります。

立直棒は誰もあがらなければどんどん溜まっていくもので、自分が安い手であがった場合でも多くの点数を獲得出来る時もあるのです。

ですから作戦としては、リーチ棒が数多く溜まっている時にはとにかく早くあがれるようにスピードを大切にすることも大切なことなのです。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン