トップページ > 麻雀用語集 > ラス確(ラスかく)

ラス確(ラスかく)

ラス確とは、麻雀の最終局において4位の状態でいるプレイヤーが自分自らあがって4位を確定させてしまうことを言います。

ラス確は他の言葉ではアガラスとも言われます。

アガラスという言葉は、自らがあがってラスである4位を確定することでこのように略されるのです。

ラス確とは通常はあまり良いとは言われない行為で、それはどうせ4位で終わるのならば、もっと高い手を目指して少しでも順位を上げるべきだという考え方が普通だからなのです。

しかしラス確の全部が無意味という訳ではなくて、麻雀の勝負をトータルで考える時には、その半荘は4位をわざと確定しても、痛手を後に残さないようにして、次の半荘で取り戻したり、次の勝負のために流れを変えるためにあがる意味もあるのです。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン