頭跳ね

麻雀では複数の人が同じ牌で当たり牌だという事が起こり頭跳ねと呼びます。

そこで、そのあたり牌を打牌したときに、どういう風に処理するかと言うのはいくつかのルールがあります。

そのルールの中でも一般的に用いられるのは、頭跳ねというものがあります。
この頭跳ねは複数のプレーヤーが同時にロンした場合には、牌を捨てた人から見てツモ順が一番近い人が、アガリとなるルールです。

頭跳ねは結構よく起こることなので、忘れないようにしてください。

頭跳ねを予想して、待ちを変えるなどということもありえる手ですし、例えば2人が聴牌していて同じ牌で待っていたら、不要牌として捨てることもなく、さらに上家であれば、自分がロンできるということもいえます。

頭跳ねは、上家が圧倒的に有利になるので上手く利用するようにして下さい。



Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン