トップページ > 麻雀用語集 > 老頭牌(らおとーはい、ろうとうはい)

老頭牌(らおとーはい、ろうとうはい)

老頭牌とは、麻雀牌の中の数牌の1と9のことを言います。

したがって老頭牌とは萬子の一萬と九萬、筒子の一筒と九筒、索子の一索と九索の6種類の総称のことを言います。

老頭牌は全部で24牌から構成されていて、老頭牌と字牌を合わせてヤオ九牌と呼びます。

老頭牌の特徴としては他の数牌と同じく順子には使えるのですが、片方にしか数字がつながらない牌なので、2から8までの数牌に比べると使いにくい牌であるとも言えるのです。

老頭牌を使った役はいろいろなものがありますが、全ての面子に老頭牌が絡まった場合には純チャンと言って門前で3役、鳴いても2役がついて、さらには老頭牌だけで手を作り上げると清老頭と言って役満になるのです。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン