トップページ > 麻雀用語集 > 四風連打(スーフォンれんだ)

四風連打(スーフォンれんだ)

四風連打とは、4人の全てのプレイヤーが最初の打牌で風牌である、東、南、西、北の同じ牌を捨てた時には流局するというルールのことを言います。

四風連打は、他にも四風子連打や四家同風などと言われる場合もあります。

四風連打は4人目である北家が打牌した時点で流局になりますが、その前にポンやカンが入った場合には四風連打は成立しないことになります。

ルール的には途中で鳴きが入らないと成立することになるのですが、風牌を捨てる訳なのでこの場合にはチーをすることはありえなく、ポンやカンのみになります。

暗カンの場合も同じく四風連打は成立しないことになります。

昔は、四風連打は死風連打に通じることから縁起が悪いとされたのですが、現在では四風連打を採用しないところも結構あって、他の字牌や数牌では流局しないのに風牌だけ流局するのはおかしいとして、四風連打になってもそのままゲームは続行されている場合が多いのです。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン