トップページ > 麻雀用語集 > 四開槓(スーカイカン)

四開槓(スーカイカン)

四開槓とは、同じゲームの中で複数のプレイヤーが合計で4回カンをした場合に流局にするというルールのことです。

四開槓はゲームが流れて終了することから、他にも四槓散了や四槓算了や四槓流れと呼ばれたりもします。

四開槓が流局になる理由には、四槓が死棺に通じることで縁起が悪いとされたと言われますが、現実的にはドラを用いるルールでは嶺上牌が4枚しかないというのが理由でもあるのです。

四開槓で流局になるにもタイミングがあって、4回目のカンを申告した時点で流れるか、もしくは最後にカンをしてカンドラをめくってから嶺上牌をツモってから牌を捨てて、それがアガりにつながらない時点で流局にするという2つのルールがあるのです。

もし1人のプレイヤーが4回カンをすると四槓子のテンパイになり、他のプレイヤーはこれ以上カンをすることは出来なくなるのです。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン