トップページ > 麻雀用語集 > モロ掛け(もろがけ)

モロ掛け(もろがけ)

モロ掛けとは、モロ引っ掛けを略して読んだ言葉です。

モロ掛けとは、リーチをかけた牌のスジ牌で待つことを言います。

麻雀にはスジというものがあって、それは1.4.7、2.5.8、3.6.9の3種類あって、麻雀を覚える時には基本的になる部分です。

数牌で順子を作る場合には、1.2や8.9のペンチャン待ちの形と、2.4や4.6などのカンチャン待ちの場合の他は、通常は両面待ちを基本に作ります。

両面待ちでアガリ牌を待っていると考えれば、捨て牌に4があれば1と7はスジになるので安全牌だと考えて、同様に5が捨ててあれば2と8、6が捨ててあれば3と9は安全牌だと考えます。

モロ掛けはこの考え方を利用して、リーチ宣言牌に捨てた牌のスジで待って、その牌を場に出しやすくする戦法なのです。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン