トップページ > 麻雀用語集 > 面子多々(メンツターター)

面子多々(メンツターター)

面子多々(メンツターター)という麻雀用語があります。

面子多々というのは基本の四面子一雀頭に対して、手の内の面子の候補が余分に多くなっていることを言います。

手の内にある面子候補が、6個以上ある状態などをメンツオーバーなどと言って、面子多々のことを表現したりもします。

面子、対子、搭子などの順子の手間の状態など必要以上に面子多々になってしまうことが多々あります。

そのため面子多々になってしまった場合は、どのように面子を作り上げるのか、捨て牌の状況や場の流れによって役の事などを考慮していかなくてはなりません。

得点を多くするためにはより良い面子を作ることによって成立しますし、捨てる牌も状況などを考えて利用方法をしっかりと検討しておくようにしましょう。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン