トップページ > 麻雀用語集 > 迷彩(めいさい) 自然迷彩

迷彩(めいさい) 自然迷彩

麻雀用語の一つである迷彩(めいさい)というのは相手に自分の手牌を読まれないような状態の河になっていることを言います。

河には捨て牌が並ぶので、いらない牌から想像して現在の手牌を読まれてしまって、邪魔をされてしまうことが麻雀の中では多々あります。

そのため河も現在の自分の手牌が読まれない状態がベストなのです。

そして、自然迷彩というのはわざわざ河の状態を意識しながら麻雀を進めていかなくても自然と牌を捨てていったら他のプレーヤーにも読まれにくい状態の河が出来上がったことを言います。

その反対に捨牌迷彩というのは自らが意識しながら牌を捨てていって河を作るのに工夫しながらすることを言います。

河作りも工夫しながらすることによって麻雀の展開が自分に良い方向に向いてくるといいですね。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン