トップページ > 麻雀用語集 > 明槓子(ミンカンツ)

明槓子(ミンカンツ)

麻雀用語の一つで役となる「明槓子(ミンカンツ)」について説明をしましょう。

「槓子(カンツ)」というものについてから説明をしますが、カンをして同じ牌を4つ一組で作り上げる役のことを言います。

これを踏まえて明槓子についてお話しましょう。

暗刻子(手牌から作り上げた3つ一組の役)の状態から、自らの手牌で4つ目を手に入れるのではなくて、他家から1つ手に入れた状態で槓子を作り上げた場合を大明槓といいます。

そして明刻子から自分で山から手にいれた同じ手牌を加えたものを小明槓といい、この大明槓と、小明槓を合わせて総称したものを明槓子(ミンカンツ)というのです。

麻雀牌は手牌なのか河にあった捨て牌なのかによって役もだいぶ変わってきますので、しっかりと役の状況を理解して麻雀に挑んだら大変面白くなってくるでしょう。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン