トップページ > 麻雀用語集 > 満貫(まんがん)

満貫(まんがん)

麻雀用語の「満貫(まんがん)」について説明して行きましょう。

満貫というのは簡単に言うと

麻雀のあがる時の点数が大きくなりすぎないように

一定の点数を決めて限度をつけたもののことを言います。

麻雀をする際には勝ち負けは点数の多さによって決まります。


得点の大きい役をたくさん作ることも大切ですが、

終了時の手牌の状況によっても計算されるので、

良い役を作りかけている場合でも符として点数に残すことができるのです。


そのため多い得点になりすぎて計算が複雑にならないように満貫を設定しているのです。

5飜よりも低いと状況で基本点2000点をこえた時の和了の点を子の場合は8000点。

そして親の場合は12000点と設定しています。

子が2000点ずつ支払って、4000点支払うようになるのです。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン