トップページ > 麻雀用語集 > 間四間(あいだよんけん)

間四間(あいだよんけん)

麻雀には捨てると危険な牌と言うのが存在します。

それが、間四間という裏スジのもののことです。

間四間とは、例えば2と7が捨ててあったらそれぞれの裏スジの3と6危険な牌と言えます。

この場合は2457と牌があって、2と7が捨てられる可能性が高く、45で待っていることになるので、3と6が危険だと言う訳です。

この間四間は麻雀をしていれば結構起こりうることなので、特に注意しておいてください。

逆に自分が間四間になってしまうこともあるので、うまく避けておいた方が良いです。

ところが、間四軒が確実なわけでもないので完全に信じきってしまうのもどうかとは思います。

少なくともマークくらいはしておいた方が良いので間四間を理論を覚えておくようにして下さい。



Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン