トップページ > 麻雀用語集 > 紅中(ほんちゅん)

紅中(ほんちゅん)

紅中(ほんちゅん)と言う麻雀用語について説明しましょう。

これは麻雀牌の字牌の「中」の事を別の呼び名で表しています。

「中」についてですが、これは三元牌の一つとなっており、

白(ハク)そして發(ハツ)中(チュン)この三つが字牌の三元牌といいます。

三元牌は、刻子を作れば1飜付きますので、

早上がりに利用する事もできますし、

複数種集める事によって小三元や役満の大三元を完成させる事ができますので

非常にオススメです。


サンプル化粧品情報はこちらのサイトがオススメ

サンプルNAVI


麻雀では配牌時に紅中(ほんちゅん)が1枚しか入っていない場合があるかもしれませんが、

最初は様子を見る為に切らずに保留しておく事をお勧めします。

但し、持ち過ぎると危険牌になってしまう事も考えられますので

中盤ぐらいまでには捨てるようにした方が無難だと思います。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン