トップページ > 麻雀用語集 > 辺張待ち(ペンチャンまち)・辺張聴(ペンチャンテン)

辺張待ち(ペンチャンまち)・辺張聴(ペンチャンテン)

麻雀用語の一つである辺張待ち(ペンチャンまち)は

別の呼び方では辺張聴(ペンチャンテン)といいます。


この辺張待ちというものがどのような状態なのかを説明していきましょう。

まず面子3つと雀頭ができていて聴牌している状態ができているとします。

その場合に上がりの状態になるために必要なパイが辺搭子となっていて

1および9を持っている牌で順子を狙っている状態が辺張待ちとなるのです。

ここで重要なのが順子型で待つと言うことと、搭子の1か9の数字を使用した辺張待ちでなくてはなりません。

1や9と言った比較的に出やすい牌を私用するので、

辺張待ちの出番は多いかと思われますが、

アガり易くする為にも両面待ちになるように、工夫して打つようにしましょう。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン