トップページ > 麻雀用語集 > ぶっこ抜き(ぶっこぬき)

ぶっこ抜き(ぶっこぬき)

牌を積む時に自分の前の山中に有効に働く可能性の高い牌を積み込んでおき、

対戦相手が他の事に集中している隙を見て手牌と入れ替えるイカサマを「ぶっこ抜き」と言っています。

配牌が終わった後、他のプレイヤーが理牌に集中している間に山を直すふりをして

自分の手牌から不要な牌を山にくっつけ、その代わりに好牌を取ってくる方法が一般的でしょう。

ぶっこ抜きは仕込みが比較的簡単に行える上にその効果もかなり高い為に

麻雀上級者等が気軽に使ってしまうイカサマでもあります。

しかしイカサマ技の一つであり、実践で行うとルール違反になってしまいますので注意が必要です。

麻雀のイカサマ技としては最も難しく、漫画等はさておき現実には目にする事が難しいとされている燕返しは、

このぶっこ抜きを応用したものになります。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン