トップページ > 麻雀用語集 > 罰符(ばっぷ)

罰符(ばっぷ)

罰符とは麻雀の罰則の中でも重い罰のことで、

麻雀のゲームの中でチョンボを犯した時に支払われる点数のことなのです。

麻雀のゲームの中ではいろいろな間違いごとが起こることがありますが、

その中でもそのチョンボがもうそのゲームを続行不可能な状態になった時に、

通常罰符としてチョンボをした人が他の全ての人に対して支払います。

罰符を支払わなければいけないのは、このように通常ではゲームを続行出来ない場面ということになるのですが、

それぞれのルールの決め方では軽いチョンボでも常に罰符を支払わなければいけないこともあるのです。

罰符の点数は通常満貫払いになっていて、

親は12000点で他の3人に4000点ずつ支払って、

子は8000点で親に4000点で他の2人に2000点支払うことになるのです。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン