トップページ > 麻雀用語集 > 端牌(はしはい)

端牌(はしはい)

端牌とは、麻雀牌の3種類ある数牌の1と9のことを言います。

すなわち端牌は萬子の1萬と9萬、筒子の1筒と9筒、索子の1索と9索ということになります。

端牌は数牌の中では他の数牌よりもどうしても手の中で浮きやすい牌で、

麻雀には0や10という牌が存在しないので、それは当然のことです。

このように端牌とは数牌の真ん中の牌よりも利用価値が低い牌なのですが、

端牌はタンヤオには利用出来ませんが、国士無双などの重要な役には必要不可欠な牌になるのです。

さらに端牌はチャンタや順チャンにもなくてはならない牌で、

その他にも浮きやすいことを逆に利用して、単騎待ちにすると場に出やすいという特徴がある牌ということも言えるのです。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン