トップページ > 麻雀用語集 > 箱(ハコ割れ、ハコテン、ドボン、トビ、ぶっとび)

箱(ハコ割れ、ハコテン、ドボン、トビ、ぶっとび)

箱とは麻雀の点棒を入れる箱のことですが、麻雀においての箱とは、一般的には自分の持ち点がマイナスになることを言います。

箱になることを、ハコ割れ、ハコテン、ドボン、トビ、ぶっとびなどと表現するのです。

持ち点がマイナスになることをなぜ箱というかと言うと、

麻雀を行う時には一般的には麻雀牌が入っている4つの箱に点棒を入れてゲームを行いますが、

その箱の中の点棒が全てなくなって、もう箱しかなくなることから箱と呼ぶようになったのです。

誰かが箱になった時にはそこでゲームを終了するルールを使うところも結構あって、

その場合は0点で終了するところもあれば、マイナスになって終了するという両方の決め方があるのです。

その反対に箱になってもゲームを続けるルールのことを箱下ありとか、飛びなしとか、ドボンなしと言われるのです。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン