トップページ > 麻雀用語集 > 入り目(はいりめ、いりめ)

入り目(はいりめ、いりめ)

入り目とは、テンパイした時に引いた牌のことやその牌のスジのことを言います。

一般的に入り目は、聴牌した時の最後に手牌に組み込まれた牌ということで、

入り目がどのような状態になるのかによって待ち大きく変わるので、

入り目とはとても重要な特別な牌であると言えるのです。

入り目は聴牌した時の牌ということで、入り目次第でリーチをかけるか、

かけないかも入り目の牌によって変わってきます。

さらに入り目次第では、テンパイした手牌の形を変えるのかも変わってきます。

もちろん入り目が自分の思ったところにビシッと決まれば即リーもあり、

そうでなければとりあえず仮テンに構えて、さらに待ちを良くするようにしばらく様子をみることもあるのです。

このように入り目とはテンパイ後の行動も左右する大切なものなのです。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン