トップページ > 麻雀用語集 > 牌理(はいり)

牌理(はいり)

牌理とは、四面子一雀頭を効率よく作り出すために論理のことです。

麻雀の役は一部の特別な役を除けば、ほとんどは面子が4つと1つの雀頭によって構成されます。

牌理とはそれぞれの面子と雀頭をどのように作るかの根幹となる考え方のことで、

牌理と同じ意味の言葉には牌効率という言葉があります。

麻雀というゲームは誰が一番早く手を完成させてあがるかが試されるゲームです。

いくら高い手や綺麗な手を作り上げても、上れなければ何の意味もありません。

特に最近の麻雀では一発や裏ドラなどが活躍する麻雀のために、早さが必要にされているのです。

麻雀にはこの速さと高さと守備力の3つが必要で、

その状況でどれを優先するかで麻雀の上手い下手が決まってしまうと言っても過言ではないのです。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン