トップページ > 麻雀用語集 > 牌姿(はいし)

牌姿(はいし)

牌姿とは、自分が持っている全部の牌が構成する姿のことを言います。

牌姿にはチーやポンやカンをして場に晒している牌も全て含まれます。

通常13枚ある状態に1枚ツモった状態も牌姿と呼ぶのが一般的になります。

したがって牌姿とは、手牌とほとんど同じ意味ということになるのです。

麻雀を行う時には最初の配牌が重要になり、その時の牌姿が良い方がそのゲームにおいては有利になります。

最初の牌姿が何向聴かで手を作る早さが決まり、最高の牌姿があがり状態、すなわち天和で、次に良いのがテンパイしている形ということになります。

悪い牌姿をどんどん良くしていくことが麻雀の醍醐味で、それが楽しくて麻雀を行っている人は数多くいるのではないでしょうか。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン