トップページ > 麻雀用語集 > 牌捌き(はいさばき)

牌捌き(はいさばき)

牌捌きとは、麻雀牌を扱う時の手つきや手さばきのことを指す場合と、

麻雀のゲーム中の不要牌を処理する時に切り出す牌を決める技術のことを言います。

麻雀をはじめたばかりの初心者は、この両方においての牌捌きを訓練する必要があって、

最初はどうしても麻雀牌の扱いが上手くいかなくて、

特に最近では全自動卓が主流になってきていて、

さらには麻雀をゲーム機で行って覚える人が増えてきているので、

実際に麻雀牌を扱う時にはどうしてもぎこちなくなる人が多いのです。

特にゲームで麻雀を覚えた人は技術面における牌捌きには優れているのに、

実際に牌を扱うのが初心者みたいな人もいるというのが近年の雀士の特徴でもあるのです。

しかし一般的には両方の牌捌きが出来る人が上級者と呼べるのです。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン