トップページ > 麻雀用語集 > 八連荘(パーレンチャン)

八連荘(パーレンチャン)

八連荘とは麻雀のローカル役の1つになりますのでどこでも使われる役ではないのですが、八連荘が採用された時には八連荘は役満として扱われます。

八連荘とは完了形がどの形でなければいけないという役ではなく、その名前の通りに8回連続してあがると成立する役になります。

途中に流局などを挟んだ場合は取り消しになり、あくまでも8回円連続してあがり続ける必要があります。

八連荘は親で8回あがる必要はなく、子で3回連続してあがってから親で5回連続しても成立します。

最終的に八連荘達成の時には必然的に親になるので親の役満ということになるのです。

この八連荘の恐ろしい所はゴミ手が役満になるだけではなく、親が上がり続ける限り役満として扱われると言う事です。




Copyright © 麻雀,雀[SUZUME]~麻雀上達情報サイト~ 2014 ログイン